国公立大学医学部合格に必要な参考書~数学編~

勉強

こんにちわ!わたリングです
今回は自分が国公立大学医学部合格するまでに使った数学の参考書について話したいと思います!
その数なんと2冊!!

1冊目は基本を勉強するよう、2冊目は発展レベルを勉強するようです
難関大学の医学部を目指さない人は1冊目だけで十分の場合もあります
1度志望校の過去問を見て難易度を確認しておきましょう

医学部合格には、1つの教科を完璧にすることより複数の教科でまんべんなく点数を取ることの方が大事なので1つの科目の勉強のし過ぎにも気を付けてください!

1冊目:総合的研究 長岡亮介(著)

1冊目は「総合的研究」という本です
この本の特徴としては公式の解説がものすごく分かりやすかったです
導き方がわかりやすく解説されている結果、記憶にも残りやすいです

僕の場合、学校の問題集が問題しか載ってないものだったので勉強する際非常に参考になりました!
これさえあれば授業受けてなくても数学を勉強することができます!!

2冊目:チャート式

2冊目は知ってる人も多いかもしれませんがチャート式です
出しているのは青チャートですが、赤チャートだと難易度が高く、このレベルをマスターするよりほかの教科を勉強した方が効率が圧倒的にいいので青チャートで十分だと思います

この本の特徴としては、十分な問題量を確保できていることです
1冊目だけでは問題数が足りないと感じた人はこれをやることをお勧めします
また数学が得意である程度解けるという人は1冊目は飛ばしてこれだけでいいかもしれません

終わりに

いかがだったでしょうか
この2冊を完璧にできれば医学部合格に必要な数学力は十分だと思います!

正直、問題集をたくさん買ってやるよりも1冊完璧にする方が絶対に勉強になります
大切なのは問題の解答をちゃんと読んで、なぜその解答になるのかを理解することです!
この時、時間はかかってしまうのですが自分で考えて疑問を解決することでかなり力が付きます

ただ、数学が苦手な人にとっていつまでも解決しないのはつらいと思います
その場合、学校の先生や塾の先生に積極的に質問に行くようにしましょう!
先生に質問をするのに抵抗がある方もいると思いますが、絶対に自分のためになるので頑張ってみましょう

志望校合格のため頑張ってください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました